人事担当者向けオススメ本

第118回 病院の治しかた 〜ドクター有原の挑戦〜

テレビ東京で現在放送中の病院再建をテーマにしたテレビドラマです。長野県松本市にある相澤病院が、借金17億円の倒産危機から奇跡の復活を遂げた“実話”をベースにした物語です。

企業再建の物語は、資金繰りに苦しみ、銀行に頭を下げて回り、その後、画期的な新商品の開発に成功し、V字回復を果たすパターンが多いのですが、このドラマは、人事制度の見直しなど組織改革や採用活動についても掘り下げており、人事や採用から組織が変わっていく様子が描かれています。

病院経営において、看護師不足は大きな経営課題です。地方の病院には新卒学生が応募することもなく、看護学校を回っても、相手にされません。そこで目をつけたのが、転職者向けの合同就職説明会でした。合同就職説明会に出るうえで、幹部同士で、「他社にはない自社の魅力は何か?」とブレストをし、ブースの装飾ツールを考え、ブースの呼び込みをし、見事採用を成功させるまでのシーンが描かれており、採用担当者様なら、感情移入しながら見られると思います。

テレビ東京が映らないご家庭の方は、スマホアプリ「Tver」で視聴可能です。