人事担当者向けオススメ本

第131回 内定者への手紙 TOP1%に近づく最強の文章化術

内定者や新入社員研修に最高の1冊が登場しました。この本は元々、著者の北野唯我さんが所属する「ワンキャリア」の内定者に向けて書かれたものですが、懐の深い北野さん(ワンキャリアさん)が一般公開してくれた一冊です。

北野さんは、「転職の思考法」や「天才を殺す凡人」などベストセラーを連発している経営者兼作家で、文章のプロです。この本を題材に内定者や新入社員研修を行い、徹底すれば、所属部署の上司や先輩から「今年の新入社員は優秀だな」という評価になるでしょう。

「仕事が早い人は100%文章を書くのも早い」「目的ファーストの法則」「迷ったら短く」「解釈不分裂の罠」「空(事実)、雨(解釈)、傘(行動)を使いこなす」など、共感の嵐です。みなさんも、部下や後輩からの報告が分かりにくかったり、メールの内容を理解するのに時間がかかったりするなど、ストレスを感じていませんか?それならこの本を勧めてください。内定者や新入社員だけでなく、ベテラン社員でも役立ちます。

これからチャットでの非同期コミュニケーションが当たり前の時代がやってきます。文章が書けないと秒速で大量にやりとりされるチャットの流れに付いていけなくなり、会議で何も発言しない人と同じ扱いを受けます。これから更に重要になる文章力を鍛えるために必読の一冊です。