人事コラム

第106回 悪口はブーメラン。

「面接で『他に受けてる会社は?』と聞かれたので、正直に伝えると、『その会社は辞めといたほうがいい』『学生の前ではニコニコしてるけど中はブラックやで』とか言われて、その会社のこと(悪口を言った企業)が一気に嫌いになって辞退しました」。これは、19卒の学生から聞いた話です。自社に入ってもらいたい気持ちが強すぎたのか、併願企業の悪口を言ってしまい、結局自分が嫌われてしまったのです。

しかもこの学生は、この出来事を友達や知り合いにも言って回ったため、この学生だけでなく、周辺の学生にも嫌われてしまう結果になりました。他社の悪口を言うことで自分たちの優位性を高めようとする行為は、全くの逆効果です。恐らくほとんどの会社の新入社員研修で、「他社の悪口を言ってはいけない」と教えられているはずです。
自分が好きな人や物、サービス、会社、家族などの悪口を言われたら、誰でも嫌な気持ちになるでしょう。そもそも、悪口を言う人に魅力を感じません。

その学生の併願企業は確かに離職率が高く、私たちの転職者向けサービス「はりまっち転職」に、その会社を辞めて登録する人が多い会社です。その採用担当者さんは、親切心で言ったのかもしれません。だとしても、悪口はご法度です。他社のことではなく、自社の魅力を伝えることに専念してください。

以前、私たちの大切なお客様に対して、はりまっちの悪口を散々言って契約を迫ろうとした競合他社がいたそうです。そのお客様はそれを不快に思い、その会社を追い返してくれたそうです。感謝の気持ちと同時に、私たちは絶対に他社の悪口は言わないと、改めて決意しました。